梅原龍三郎・絵画買取・卸販売 ギャラリーホープ

あなたの絵画を高価買取いたします
お気軽にお電話ください
フリーダイヤル 0120-976-188

梅原龍三郎

Umehara Ryuzaburo

うめはら りゅうざぶろう 1888-1986 洋画家

弊社では梅原龍三郎の作品(油彩、版画等)を取り扱っております。
お気軽にお問合せください・・・ギャラリーホープ
(無料査定受付中)

梅原龍三郎 略歴、プロフィール

1888年 3月9日、京都市下京区に生まれる。一時、良三郎と改名。生家は呉服商。
1903年 京都府立第二中学校を中退し、伊藤快彦、次いで浅井忠に洋画を学ぶ。
1908年 田中喜作と共に渡仏、アカデミー・ジュリアンに入りバッセの教室に通う。その間ルノワールに傾倒する。
1909年 カーニュのルノワールを訪問、以後師事。
1913年 帰国、神田・ヴィナス倶楽部で白樺主催個展を開き、「首飾り」など滞欧作110点を発表して注目を集めた。
1914年 二科会創立に参画。(1918年退会)
1920〜21年 再渡仏。
1922年 小杉放菴らと春陽会結成。
1925年 春陽会を退会、国画創作協会に迎えられ、川島理一郎と洋画部新設。
1935年 帝国美術院会員に就任。(1957年辞任)
1952年 文化勲章授章。
1944〜52年 東京美術学校教授。(のち東京芸術大学)
1986年 東京で没す。
昭和前期、大和絵や琳派の伝統的技術も摂取して、豊麗な色彩の独自な画境を築き、「桜島」連作や「紫禁城」(1940年、大原美術館蔵)、「北京秋天」(1942年、東京国立近代美術館蔵)など北京風景を制作、安井曾太郎と並び梅原・安井時代と称された。戦後も度々渡欧、風景やバラなど豊かな情感で奔放に描き、日本洋画のひとつの形を完成させた。

梅原龍三郎 取り扱い実績 多数あり

油彩については個別にご案内いたします。コレクターの方はぜひご登録を。コレクターズ会員登録へ

ページトップへ

〒460-0012
名古屋市中区千代田1-8-21
ホープビル
TEL.052-212-7000
FAX.052-212-7007

〒104-0061
東京都中央区銀座7-12-4
友野本社ビル604号
TEL.03-6681-9928

〒534-0016
大阪市都島区友渕町1-5-9
TEL.06-6923-7131

愛知県公安委員会許可
 第542631203700

あなたの絵画・美術品を高価買取いたします!

絵画・美術品〜油絵、日本画、油彩、水彩、版画、リトグラフ、エッチング、シルクスクリーン、木版画、デッサン、彫刻、他〜の売り物がございましたら高価で買い取り致します。売却ご希望の方は無料で査定、即、買取価格を出させて頂きますので、お電話、又はこちらのフォームにてお問い合わせ下さい。

絵画・美術品をお探しいたします!

絵画・美術品のお探し物はございませんか?弊社では平素より多くの美術商の方々から探し物をお問合せいただいております。通常入手困難なもの、より安く手に入れたいものなど、お気軽にお問い合わせください。お電話、またはこちらのフォームにてお問い合わせ下さい。
その他、鑑定・額装・修復など、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。


フリーダイヤル 0120-976-188
無料査定受付中

日本人洋画・主な取り扱い作家・・・高価買取中!

藤田嗣治荻須高徳中山忠彦浮田克躬伊藤清永梅原龍三郎織田廣喜香月泰男
絹谷幸二小磯良平児玉幸雄佐伯祐三中川一政小松崎邦雄野間仁根長谷川潔林武
三岸節子宮永岳彦森本草介藤井勉福井良之助浜口陽三高塚省吾斎藤真一
小杉小二郎森田茂西村龍介田崎広助東郷青児熊谷守一北川民次元永定正
横尾忠則西村計雄山本彪一五味悌四郎島田章三栗原喜依子田辺三重松田中阿喜良三栖右嗣鷹山宇一塙 賢三有元利夫荻太郎岡本太郎芝田米三奥龍之介藤田西洋谷内六郎中林忠良、 岸田劉生、 糸園和三郎、 小林和作、 三岸好太郎、 原精一、 平野遼、
斎藤義重、 山口長男、 オノサト・トシノブ、 難波田龍起、 曽宮一念、 国吉康雄、 寺内萬治郎、
牛島憲之、 萬鉄五郎、 海老原喜之助、 小絲源太郎、 彼末宏、 安井曽太郎、 坂本繁二郎、
岡田三郎助、 高橋由一、 前田寛治、 黒田清輝、 村山槐多、 児島善三郎、 岡鹿之助、 藤島武二、
平櫛田中、 須田国太郎、 山口薫、 鴨居玲、 鳥海青児、 佐藤忠良、 麻生三郎

ページトップへ