杉山寧・絵画買取・卸販売 ギャラリーホープ

あなたの絵画を高価買取いたします
お気軽にお電話ください
フリーダイヤル 0120-976-188

杉山寧

Sugiyama Yasushi

すぎやま やすし 1909-1993 日本画家

弊社では杉山寧の作品(日本画、版画)を取り扱っております。
お気軽にお問合せください・・・ギャラリーホープ
(無料査定受付中)

杉山寧 略歴、プロフィール

1909年 東京都浅草区に生まれる。父が早く亡くなったため、母親に育てられる。
1931年 第12回帝展に「水辺」を初出品して入選。
1932年 第13回帝展で「磯」が特選。
1933年 東京美術学校日本画科卒業。
松岡映丘に師事。
1934年  映丘門下の有志と研究会〈瑠爽画社〉を結成。(38年解散)
1951年 戦後初めての大作「エウロペ」を第7回日展に発表。鋭く緻密な描写、理知的な構図、新鮮な色調による画風で日本画壇に清風を吹き込んだ。
1957年 「孔雀」により日本芸術院賞受賞。
1970年 日本芸術院会員に就任。
1974年  文化勲章受賞。文化功労者となる。
1982年   日本芸術院第一部長に就任。
風景、人物、花鳥、とモチーフを特定することもなく、1957年から62年頃までは絵肌を重視した抽象傾向の作品を描き、後にエジプト、ギリシア、エトルリアに取材、のちトルコのカッパドキアを度々訪れた。実在するもの以上の生命感を、完全な絵画として表現した現代日本画界の代表的作家。
1993年 東京都文京区にて歿。享年84歳。
-展覧会ほか-
1987年  回顧展(東京国立近代美術館・富山県立近代美術館)
1992年  〈杉山寧の世界――1932作品と素描1992――〉(東京美術倶楽部展示ホール)
1956年より30年間にわたって『文藝春秋』表紙絵担当。代表作は、ほかに「瀑」(1955、国立劇場蔵)、「仮象」(1959、朝日新聞社蔵)、「穹」(1964、東京国立近代美術館蔵)、「生」(1971)作品集
-画 集-
『杉山寧』(文藝春秋)
『杉山寧素描集』(文藝春秋)
『杉山寧素描聚成』(小学館)
随想集『画作の余白に』(美術年鑑社)

杉山寧 取り扱い実績 多数あり

日本画については個別にご案内いたします。コレクターの方はぜひご登録を。コレクターズ会員登録へ

ページトップへ

〒460-0012
名古屋市中区千代田1-8-21
ホープビル
TEL.052-212-7000
FAX.052-212-7007

〒104-0061
東京都中央区銀座7-12-4
友野本社ビル604号
TEL.03-6681-9928

〒534-0016
大阪市都島区友渕町1-5-9
TEL.06-6923-7131

愛知県公安委員会許可
 第542631203700

あなたの絵画・美術品を高価買取いたします!

絵画・美術品〜油絵、日本画、油彩、水彩、版画、リトグラフ、エッチング、シルクスクリーン、木版画、デッサン、彫刻、他〜の売り物がございましたら高価で買い取り致します。売却ご希望の方は無料で査定、即、買取価格を出させて頂きますので、お電話、又はこちらのフォームにてお問い合わせ下さい。

絵画・美術品をお探しいたします!

絵画・美術品のお探し物はございませんか?弊社では平素より多くの美術商の方々から探し物をお問合せいただいております。通常入手困難なもの、より安く手に入れたいものなど、お気軽にお問い合わせください。お電話、またはこちらのフォームにてお問い合わせ下さい。
その他、鑑定・額装・修復など、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。


フリーダイヤル 0120-976-188
無料査定受付中

日本画・主な取り扱い作家・・・高価買取中!

東山魁夷平山郁夫千住博加山又造中島千波小倉遊亀上村松園上村松篁上村淳之
片岡球子池田遙邨伊東深水奥田元宋奥村土牛小野竹喬川合玉堂後藤純男
福王寺法林前田青邨棟方志功森田りえ子山口華楊横山大観中村正義穐月明
斎藤清岩橋英遠加藤東一鏑木清方杉山寧高山辰雄平松礼二速水御舟野村義照
村上華岳福井爽人岩澤重夫松本勝石踊達哉中路融人小泉智英福田平八郎
徳岡神泉竹内栖鳳安田靫彦堂本印象菱田春草芹沢_介橋本関雪橋本雅邦
横山操石崎光瑶下村観山秋野不矩石本正伊藤小波今井俊満今村紫紅入江波光
宇田萩邨大橋翠石大山忠作岡崎忠雄岡信孝甲斐庄楠音
加倉井和夫梶原緋佐子堅山南風加藤栄三金島桂華下保昭川端龍子
工藤甲人児玉希望小林古径小堀鞆音酒井三良
佐藤太清下田義寛竹内浩一竹久夢二立石春美田渕俊夫土屋礼一
坪内滄明富岡鉄斎中村岳陵西村五雲西山英雄橋本明治
浜田昇児稗田一穂堀文子牧進松尾敏男松林桂月松本哲男宮廻正明
村上華岳室井東志生森田曠平山口蓬春山本丘人吉田善彦西田俊英志村立美
福井江太郎西山英雄佐々木裕而平川敏夫

ページトップへ