岡部嶺男の作品を高価買取(無料査定)致します | 絵画・美術品の買取・売却は、高価買い取りの ギャラリーホープ へお任せ下さい

トップページ | 会社概要 | サイトマップ | アクセス | メールのお問い合わせ

岡部嶺男を売りたい(無料査定・買取希望) 岡部嶺男を買いたい
ギャラリーホープでは岡部嶺男の作品を取り扱っております。
お気軽にお問合せください。
0120-976-188 (無料査定受付中)
陶芸・彫刻家
   岡部嶺男
プロフィール
おかべみねお(1919-1990)
愛知県瀬戸市に生まれる。愛知県窯学校(現在瀬戸窯業高校)に学び陶芸家を志す。戦後より織部・志野を中心にさまざまなやきものを制作。1949年より日展に出品し入選を続け、1954年には日展北斗賞を受ける。1956年日展脱退、翌57年より日本伝芸工芸展に出品し会員となるが、のちに同会も退会する。青磁について深く研究を重ね、南宋官窯を倣した貫入のある青磁を完成させる。また、晩年には米色といった黄味のある独特の青磁を生み出した。1960年、国の重要文化財に指定された瓶子が父・唐九郎の作であったとする「永仁の壷」事件が起こり、嶺男はこれに自らの作であったと主張。事件は大きな話題となるが、当事者の死によって真相は闇の中となってしまう。1980年初め頃、妻方の姓・岡部に改めた。


ギャラリーホープでは 岡部嶺男 を取り扱っております。

岡部嶺男を売りたい方はこちら(高価買取・無料査定)
岡部嶺男を買いたい方はこちら

岡部嶺男の査定

岡部嶺男の作品について

専門スタッフが詳しくおうかがい致します。
お気軽にお問合せください。

岡部嶺男の査定料

岡部嶺男の弊社での査定について

無料です。
(鑑定機関に依頼する場合は有料になることがございますが、査定金額はあらかじめお伝え致しますのでご安心下さい。)

岡部嶺男の現在の美術市場評価について

岡部嶺男の市場での評価について

あなたの美術品の現在のおおよその市場価格をお答え致します。お気軽にお問合せください。



岡部嶺男の買取・卸販売はお任せ下さい。
絵画買取のギャラリーホープ

東京オフィス
〒104-0061 東京都中央区銀座7-12-4 友野本社ビル604号
TEL: 03-6681-9928

大阪オフィス
〒534-0016 大阪府大阪市都島区友渕町1-5-9
TEL: 06-6923-7131

ギャラリーホープ
〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田1-8-21 ホープビル
TEL: 052-212-7000 FAX: 052-212-7007
E-mail: info@hope-sanwa.com

愛知県公安委員会許可 第542631203700
高価買取宣言
フリーダイヤル 0120-976-188
お電話(フリーダイヤル 0120-976-188)、または 無料査定・買取希望お申し込みページ からお問合せください。
専門スタッフがお待ちしております。
§ 適正な価格査定
絵画・美術品はジャンルを問わず、油彩・日本画・版画、近代絵画からモダンアート、陶芸・彫刻に至るまで、各専門家が市場の適正価格をお答えします。
大手オークション会社と違い、入会金や年会費などの会員費や手数料は一切かかりません。


§ 美術品買取実績 業界No.1
美術品のご売却先として多くの方に支持されております。数千点からのご売却もお受け致しております。

§ 全国どこでも出張買取(無料)
東京・大阪・名古屋を拠点に、日本全国、北海道から沖縄までお伺い致します。高価な美術品は直接引き取りに伺います。また、美術品卸業として、全国の画廊、デパート(2100社以上)と取引しております。

§ 高額の美術品も即、現金買取
1000万円を超える美術品も現金換金。美術品とすぐに現金と引き換え、またはお振込み致します。

§ 海外作品もお任せ下さい
ウィルデンスタイン、ペドリスデス等、海外の作品鑑定も数多く実績がございます。また、ジャンセン、カシニョール等、海外作家とも直接取引きしております。

§ 個人情報の保護について
ギャラリーホープはお客様の個人情報については機密扱いされ、お客様とギャラリーホープとの顧客関係に役立てるためにのみ使用されます。お客様またはお客様のご売却および購入に関する情報は、マーケティングまたは勧誘に使用することを目的として、第三者に提供または、売却されることはありません。ご安心下さい。


Copylight 2005-2014 GALLERY HOPE Co.,Ltd, All rights reserved.