絵画買取のギャラリーホープ

 

ボンチボー

BONGIBAUD

 

1945年

パリに生まれる。

“Beaux Atrts”,"Grande Chaumiere"において、そしてパリの街からも美術を学ぶ。その後、パリ郊外の“Ecole des Beaux Arts”で造形美術を教える。 彼は最初、グラフィックや広告、イラストレーションによって芸術家としての経歴をスタートし、40才で絵画を書くスタイルに戻った。 彼はギリシャ神話や考古学を熱烈に好んだ。ペロポネス半島をはじめとするギリシャ全域での旅行インスピレーションを得た。 彼の描く世界はこういった快く朗らかな雰囲気で満たされている。 彼はその素晴らしい島々に見られる小さい港、日陰のテラス、エーゲ海の村、白い壁々、カラフルな珍しい花々といったテーマを好んで描いている。

<主な展覧会>

1970年

Village d*Arlistes de Madras(インド)

1980年

Cage Gallery,Washington

1988年

Salon dArt Francais de Taiwwan

1989年

Salon d*automne,Gravures de Mirmande

1991年

Dinos Gallery-Greece

1992年

Dinos Gallery-Greece Salon de Peinture et deravures de Mirmande

1993年

Dinos Gallery-Grreece

1994年

Festival d*Art Graphique,Cracovie/Polpgne