絵画買取のギャラリーホープ

 

 

セザール

CESAR

 

1921年

フランス、パリに生まれる。

エコール・ド・ボーザールで彫刻を学び、

1954年

パリで初個展。

その特異なアブストラクトの手法による表現方法でヨーロッパはもとよりアメリカでも注目され、数々の招待出品を依頼されている。 セザール自身、“ダーティー”なものが好きで、プラスチックを素材にするが、南京袋やがらくたなどからも創作し、現代彫刻抽象部門の一方のリーダーとして活躍している。