絵画買取のギャラリーホープ

 

ドミニク・バック

Dominique BAKK

 

 

1953年

フランス北部のリルで生まれる。14才で絵を描き始めると同時に絵のレッスンを受け始める。

1975年

印象派の生誕地であるパリ西部のヴィル・ダヴレイ・シャトゥーに移り住み、そこで偉大な師達と出会ったと共に洗練された技法を習得した。

1990年

パリにてアメリカ大使館賞を、そしてコンセイユ・ゼネラル・デオ・ドゥ・セーヌでもそれぞれ最高の賞を受賞し、その後も数々の賞に恵まれる。

ドミニク・バックは本当の自然を愛し、それらの色・香り・またその素朴な街並みから感じとる感性を如実に彼の絵に表現している。ドミニク・バックの作品に感銘するファンも多く、ギャラリーの個展やオークションで、大変人気がある。