絵画買取のギャラリーホープ

 

 

フランク・エル

FRANCK.L

 

1944年

生まれる。

1963年

Paris Fine Arts Schoolの建築科に入学。その年、RTLによる主催の"Under Twenty"においてInternational prizeを受賞。

1967年

卒業はしたものの、絵を描く事に専念した為、まもなく、建築への興味がなくなってしまった。

1973年

彼はAutumn exhibitionに出品し、Othon Friesz Prizeを受賞した。フランク・エルは“生活”そのものを描く。そのテーマは彼のキャンバスに毎日表れてくるのである。花束を持つ女性や鏡を見る若い女性、テーブルにつく仲間たちや、踊り子たち、そして彼の描く花々さえも生命に光り輝いている。ハッピーな世界の証拠として、フランク・エルは、彼の楽しみ、彼の生活の楽しみを我々に示している。その場の雰囲気を敏速につかみ、速く描くことができる。心から描くことができるのであろう。

<主な展覧会>

1975年

Matignon Gallery(パリ)

1979年

Elysee Georges V Gallery(パリ)

1982年

Concorde Gallery(パリ)

1985年

Drouant Gallery(パリ)

1989年

Cloots Gallery(ブリュッセル)

1992年

Tias(東京)

1993年

Drouant Gallry(パリ)

1994年

Tias(東京)

1995年

Gallery 28(パリ)