絵画買取のギャラリーホープ

 

八田 哲

はった てつ

 

1943年

3月27日、京都府に生まれる。

1961年

京都市立日吉ヶ丘高校日本画科卒業。

1973年

青塔社に入塾し、池田遥邨に師事。

1975年

第7回日展に初入選(以後7回入選)。

1982年

日春展奨励賞受賞。

1983年

京都日本画家協会選抜展知事賞受賞、その他京展、関西展で受賞を重ねる。

1984年

改組第16回日展で「イスラムの街」が特選を受賞して日展会友となる。

1985年

京都三条・祇園画廊、東京・銀座アートセンターで個展。

1987年

第4回横の会展に招待出品。

1986年

日展出品をやめて無所属となる。

1988年

この年より93年10回展(最終回)まで会員として毎回出品。

1989年

京都三条・祇園画廊、東京・銀座アートセンター、大阪で個展。

1990年

東京、京都、金沢で奈良を主題とした個展。

1992年

祇園画廊、日本橋高島屋個展では、ヨーロッパの聖堂をテーマにした作品を発表した。

1994年

現代日本画の展開(富山県立美術館)に招待出品、広島で個展開催。

近年はインド、そして最近ではスペイン、イタリアをはじめとするヨーロッパなど、海外に取材した街や集落、教会など、建築を中心として風景を多く制作。また京都・東山周辺や奈良の塔を描き、柔らかな墨の調子、細い線を主体に淡い彩色を施した作風を展開している。