絵画買取のギャラリーホープ

 

速水御舟

はやみ ぎょしゅう

(1894年〜1935年)

 

東京に生まれ、同地で歿。旧姓は蒔田。本名は栄一。

松本楓湖の安雅堂画塾に入門。
はじめ禾湖、のち浩然と改め、さらに母方の速水姓を継いでから御舟と号した。
巽画会や紅児会で頭角をあらわし、大和絵風、琳派風の作品を発表した。
再興日本美術院が設立されると今村紫紅の影響を受け、「洛外六題」を出品、横山大観、下村観山らを驚嘆させ、同人に推挙された。
徹底的に新画風を追求した。
細密描写による厳密な写実主義、やがて幻想的、象徴的傾向を示し、さらに中国院体画に迫る格調高い主観的な写実を求めた。

代表作に「京の舞妓」「暁靄」「翠 緑芝」「名樹散椿」など数多くの力作、名作を遺した。