絵画買取のギャラリーホープ

 平川敏夫

ひらかわとしお

1924年  10月16日愛知県宝飯郡小坂井町に生まれる。

小学4年の時、足に大けがをして1年間の療養生活を送り、中学進学を断念。白い障子に墨絵を描くほどの絵好きだったことから、京都の縮尺図案家・稲石武夫に弟子入り、1年の修行生活で基礎を学ぶ。

1950年 創造美術展に初入選。
1954年 「月庭」他が第18回新制作展で新作家賞受賞。
1958年  新作家賞受賞。
1960年

伊勢湾台風の翌春、白骨化した木々が芽吹いているのを見て自然の生命力に感動、「白樹」を描いて以来、幻想的な"樹のシリーズ"が始まる。

1962年 新作家賞受賞。
初渡欧。
1969年 近代日本画名作展(モスクワ)に招待出品。
1972年

この頃から、樹の魂をオーバーラップさせる塔を描き始め、広く知られるようになる。鮮烈な赤を主調色とした樹林と塔の連作は約10年続くが、黄山をテーマに水墨画を制作して以来、自然の大きな姿を水墨による精緻な白抜き描法を駆使して写し続け、神秘が潜む新しい白と黒の表現世界を切り拓いている。

1974年 創画会発足、特異な作風をもって同会会員として活躍、今日に至る。
1978年 大阪大丸で毎日新聞社主催<平川敏夫作品展>開催。
1979年 最初の訪中。
現代日本絵画展に招待出品。
1980年 中日文化賞受賞。
1981年

名古屋丸栄で中日新聞社・東海テレビ放送主催<樹々と塔で描く日本の美−平川敏夫展>開催。

1982年 日本秀作美術展に招待出品。
1983年 愛知県教育委員会文化功労賞受賞。
1985年 東海テレビ文化賞受賞。
名古屋松坂屋他で<山と水・平川敏夫水墨画展>開催。
1988年 銀座・フジヰ画廊で<平川敏夫・季風墨画展>開催。
1989年 ユーロパリア'89現代日本画展(モスクワ)に招待出品。
現代日本絵画展(北京・故宮博物院)に招待出品。
1990年 豊橋市美術博物館において回顧展開催。
1994年 松坂屋美術館で平川敏夫屏風展開催。
2006年 5月14日、歿。81歳