絵画買取のギャラリーホープ

 

 

ジャン フランソワ ミレー

Jean−Francois Millet

(1814-1875)

 

1814年

10月4日ノルマンディのグレヴィル近郊の農家に生まれる。
シェルブール市の画家に学ぶ。

1837年

パリに出てドラローシュに師事。
以後、コルレッジオやロココ風の艶雅なパステル画や看板絵で糊口をしのぐ。

1844年

サロンに農民画を出品。

1849年

バルビゾンに移住。
農民生活にロマンティックな理想を託した作品を描く。
晩年の10年間は社会的にも認められた。

1875年

1月バルビゾンで歿。

形体を単純化した温和な構成でル・ナン兄弟やシャルダンのフランス的伝統に連なり、また下層民衆をモニュメンタルな尊厳をもって描くドーミエ、クールベの同時代性にも結び付けられる。
銅版画、素描、パステル画家としてもすぐれる。