絵画買取のギャラリーホープ

 

 

ランセル

LANCELLE

 

1969年

ディジョンにあるエコール・ド・ボザールに入学。

1972年

スペインとポルトガルにおいて展覧会。

1975年

フランスに戻った彼はマラガ、東京、ロスアンジェルス、ワシントン、ニューヨーク、アブダビ、マドリッド等、世界中の様々なサロンやギャラリーの数多くの展覧会に参加した。この若手風景画家は非凡な力量を持ち、デッサンに特に優れた画家そして色彩画家としての彼自身をすでに表現している。彼は形象描写絵画の伝統の中にはいるけれども、アカデッミクな画家における古典派とみなされる事はないであろう。BrittanyとPicardieの様々な気候を主題とした彼の多くの作品は、不思議な透明感に放たれた、ノスタルジックな雰囲気をかもしだしている。