絵画買取のギャラリーホープ

 

 

 

マドレーヌ・リュカ

MADELEINE LUKA

 

 

 

1896年

パリ郊外・マフリェーに生まれる。

だれに教わることもなく絵を描くようになった。

1928年

初個展、以後50年余りにわたって故郷の自然と風俗を描き続けている。

その作風には、人間と自然を愛情に満ちた眼で見つめている人柄を感じさせるものがある。