絵画買取のギャラリーホープ

 

 

マジョレル・ルイ

Louis Majorelle

(1859〜1926)

 

 

フランスの家具デザイナー。

トゥールに生まれ、ナンシーで歿。

パリ美術学校で絵画を学んだが、1879年ナンシーの父の家具・陶芸工房を引継いで伝統的様式の家具制作に専念。

ガレの成功に励まされて、1898年以降は植物の形態を母体とする高雅で彫塑的なアール・ヌーヴォー家具を制作。

1900年パリ万国博覧会に最良作、寝室「睡蓮」を発表した。