絵画買取のギャラリーホープ

 

 

マンザノ

Virginie MANZANO

 

 

1950年

マドリッド生まれ。

1961年

彼女の両親は当時フランコ政権下であったスペインからイギリスへ逃れた。そこで彼女は,たちまち絵を描くことが好きになった。彼女はマンチェスター・ファイン・アート・スクールに入学1973年卒業した。23歳の時,彼女はパリに移り結婚。そして,最初のリトグラフを制作する。

1976年

パリのPierre・Hautot・ギャラリーと10年間の独占契約を結ぶ。

作  品

彼女は裸婦を描くことによって,”陰影法”という固有の技法を成し遂げ,そのことは彼女の制作するリトグラフ作品に比類のない個性を与えた。 この”陰影法”の技法というのは,一度手で亜鉛版にしみこませた黒い脂を塗ったパルプを使用するものである。 彼女の描くモデルの魅力は,その無意識のうちの美から生み出されているでしょう。その無邪気な裸婦達は,人々の鋭い観察眼から逃れ,自然体であり,非常に純粋である。