絵画買取のギャラリーホープ

 

ミッシェル・ロブ

Miichel RLOEB

 

 

1931年、パリ近郊Saint-Cloudに生まれる。

彼の父親はダイヤモンド商だったため、彼は1970年まで宝石商として家業を継ぐかたわら、ナイーブなものを主題とした絵を描いていた。

1970年、Felix Vercel Galleryとの契約を結びすぐに成功した。それ以来、1年ごとにパリとニューヨークで展覧会を開催し、作品の質を高めていった。

Gerard LanvinやClaude Berri,Roger Hanin,Lino Ventura,Pierre Lescure等、有名なコレクター達がそういった彼の作品を購入していった。

1988年、彼は南仏のLubronに定住し、そこで色の研究をする彼にインスピレーションを与えることになる“光”に出会った。

彼は又、Lino Venturaによって創設された、子供達の為のFondation Perceneigeをはじめとする様々な、人道主義社会活動にも専念している。

彼のスタイルというのは、細部にわたり色彩豊かなナイーブなスタイルであり、深い安らぎを伝えている。