絵画買取のギャラリーホープ

 

西村龍介

にしむら りゅうすけ

 

1920年

2月8日、山口県小野田市に生まれる。本名、一男。

1940年

日本美術学校卒業と同時に出征。

1945年

復員。戦後、ニ科展に出品を始める。

1956年

特待賞受賞。

1958年

金賞を受賞。

1960年

ニ科会会員となる。

1963年

会員努力賞を得る。

1964年

渡欧を契機として“古城シリーズ”に着手。以後毎年ヨー ロッパに渡り、パリを拠点としてフランスを中心に各地を 巡って、森と水に囲まれた古城を描き続けている。

1968年

第53回展で「古城」が東郷青児賞受賞。

1969年

「遥かなる聖堂」が会員努力賞受賞。

1971年

内閣総理大臣賞を受賞。ニ科会の中心作家の一人として活躍。

1972年

ニ科会委員となる。

1975〜77年

ニ科会委員長を務める。

1973・76・80年

個展

1983年

読売新聞社主催、<森と城と水の詩情の世界−西村龍介> を東京松屋、大阪大丸、名古屋松坂屋において開催。

1988年

個展<西村龍介・水の抒情詩>を開き、この作品が対象と なり、“フランスの古城を題材に、日本画と洋画を巧みに 融合し、独自の油彩表現を示した”として、昭和63年度芸 術選奨文部大臣賞を受賞。

1990年

個展<水の抒情詩U・みなと>を開催、フランス、ノル ウェーの港風景を描いた新作を発表。

緻密なタッチによる独特のマチエールと端正な描写、明快な構図、淡い色調から成る静謐な古城風景の、詩情が染みる作風は益々円熟味を増している。作品集に「西村龍介画集」(1979年・講談社)がある。

2005年

3月に死去。