絵画買取のギャラリーホープ

 

スティーブ・カフマン

Steve Kaufman

 

1960年

生まれ。

1968年

8才でブロンクスバンクでデビュー展。ホロコーストシリーズはブルックリンのユダヤホルコースト美術館に寄贈。(カフマンの祖父のホロコーストの写真の影響で)

1976年

16才、ホイットニー美術館でグラフィックアートの団体展示に参加。

1981年

21才、2店のシティバンクでアンティック車シリーズ展示。シティバンクは自らのコレクションの為にこれを購入。

1982年

22才、ロンドン・エアーギャラリーで展示。

1983年

23才、「セックス&ロックンロール」個展。オフセントギャラリー。

1984年

24才、「マネー」コモンウェルスギャラリー。「赤と白と青」ケリーギャラリー。

1986年

26才、エジンバラ芸術大、ザンジバールクラブ、スミスギャラリー。

1988年

28才で主力のファインアートを展示。

1990年

30才、渋谷西武ロフトギャラリーでソールドアウト展示。

1992年

32才、アンダーグランドオブザイアー受賞。

1995年

現在、マーティン・ローレンス・モダンN・Y。

・彼のコレクターは、ミッキー・マントル、ウォルガン・パク、スパイク・リーなど。・個展の他にもN・Yの地下鉄4車両でワンナイトショーを催す。 ・エイズや人種問題のキャンペーンプロモーティングに創作だけでなく資本参加している。 ・表現上の優れた流動性と鮮明度を考え、シルクスクリーンのプロセスを洗練させハンドペンティングのタッチを付け加えた。 ・ウォーホールのもとでキャンバススクリーンのためフィルムをカットする仕事をし、その収入と奨学金でビジュアルアートスクールに通った。 ・キース・ヘリングやマイケル・バスケット、ケニー・スカーフ等コンテンポラリーアーティストとクリエイティブコミュニティを組織していたが、改革的交渉で独自のポップアートを確立。 ・仕事中毒で夕方起きて、朝眠る。夢の中から発想を得る事がよくある。「私は自分の作り出すアートのクリアな見解を持っていて、先だってスケッチしたり描いたりしない。全ての作品は自分の証明机で自分でフィルムをカットする。」