絵画買取のギャラリーホープ

  

鈴木英人

SUZUKI EIZIN

 

1948年

7月6日福岡県博多に生まれる。

1960年

青春時代を基地の街、横須賀で過ごし“日本の中のアメリカ”を吸収する。

1971年

この頃から広告デザインを手掛ける。

1980年

イラストレーターとして彗星のごとくデビュー。特殊技法による多彩な作品表現は瞬く間に大手クライアントの触手を動かすことになる。

1982年

片岡義男との共作による画集「On the sunny street」を出版。

1983年

片岡義男との共作による画集「南カリフォルニア物語」を出版。画集「Southward Bound」を出版。

1984年

イラストレーションによるビデオ及びビデオ・ディスク「Southward Bound」を発表。画集「FMイラストレイテッド」を刊行。ビデオとレーザーディスク「American Radio」「California Winds」を発売。イラストレーション業界の頂点を極めた英人は、商業芸術野領域にとどまらず“脱イラストレーター”の第一段階として、版画作品の制作を決意する。リトグラフによる10点組版画集を発表する。

1985年

「EARLY YEARS WORK」、「EAST ALBUM」のシリーズタイトルでオリジナル・リトグラフ34作品を発表。東京、大阪をはじめとする全国有名百貨店及び、ギャラリーにて個展を開催。

1986年

より充実した版画作家として制作活動を続けるべく、神奈川県逗子市にアトリエを構え、「AVENUE」のシリーズタイトルで25作品を発表。

1987年

「OCEAN DRIVE」10作品を発表。

1988年

「BEST ALBUM」10作品を発表。版画作家として、高い評価を獲得するに至る。

1991年

作品のテーマは、“心の時代”を原点に“花と海”にむけられ「WATERS」のシエリーズタイトルで15作品を東京インターナショナル・アートショーにて発表。

1992年

「COLORS」10作品、「COLORS U」6作品を次々と発表。作品のクオリティーは発表ごとに洗練され、第一級アーティストの座を獲得する。