絵画買取のギャラリーホープ

 

秋野不矩

あきのふく

 

1908年 静岡県天竜市に生まれる。本名ふく。
1926年 静岡県女子師範学校を卒業する。千葉県大網町の石井林響、京都の西山翠嶂のもとで日本画を学ぶ。
1938年 第2回新文展に出品、特選を受賞する。以後無鑑査となる。
1948年 上村松篁・広田多津らと創造美術を結成する。
1949年 京都市立美術大学の助教授に就任する。
1951年 第一回上村松園賞受賞。 創造美術が新制作協会に併合、日本画部会員となる。
1962年 インドの大学に客員教授として招かれ、この年より10回にわたり渡印し、インドの風土や風俗に取材した作品を多数制作する。
1986年 毎日芸術賞を受賞する。
1991年 文化功労者。
1993年 第25回日本芸術大賞を受賞する。
1998年 天竜市に市立秋野不矩美術館が開館する。
1999年 女性画家として4人目となる文化勲章を受章する。
2001年 心不全のため自宅アトリエにて歿。享年93才。
   
創画会会員、京都市立芸大名誉教授もつとめた。