絵画買取のギャラリーホープ

 

デフォッセ

Alfred DEFOSSEZ

1932年

パリに生まれる。
ジュリアン・アカデミーに学ぶ。

1956年

この年よりフランス各地でグループ展に参加。
青年絵画展賞受賞。

1964年

ロサンジェルス、カリフォルニア等アメリカで展覧会を開催。
後の作家活動は、ヨーロッパをはじめエジプト、シンガポール、ニューカレドニアと広い。

1968年 

パリの名門画廊ギャラリー・ド・パリで初めて作品を発表。

1973年

ギャラリー・ド・パリにて個展開催。

1974年 

ジュマイユ賞受賞『1974年の光の画家』

1975年

ギャラリー・ド・パリにて個展開催。

1977年

ギャラリー・ド・パリにて個展開催。
パリ画壇の第一線に進出する。その作品の多くは個人のコレクション、サンフランシスコのマックス・デュポン・コレクション他に収蔵。

■ 作風 ■

的確な構図とやわらかな光を表現手段として、対象の動きの一瞬をとらえ、自分のものにしてしまう。
 アトリエの外へ出て、モチーフとして絶えず動いているもの――馬・ヨット等を、南仏の明るい太陽の中で求め、その鋭い目と対照的に静かなパステルカラーで描き出し。見る者に一種の安らぎを感じさせてくれる。