絵画買取のギャラリーホープ

 

 

アンドレ・マッソン

ANDRE MASSON

 

 

1896年

フランス・オアーズ・バラーに生まれ、ブリュッセルやパリの美術学校で学んだが、あとは独学

1919年

パリに定住し、最初キュービズムを目指したが、のてシュールリアリズムに参加。

1933年

ミロと共にニュヨークで展覧会。

人間の生と死のドラマをエロティシズムとサディスティックな感覚で、神秘的世界に描き出している。特に戦後のアメリカ美術界に与えた影響は、計り知れないものがある。