絵画買取のギャラリーホープ

 

 

アンドレ・セゴビア

ANDRES SEGOVIA

 

 

1933年

アルゼンチンでスペイン人を両親に生まれる。

14歳の時パリに移住し、フランスに帰化。

1949年

年ジュネーブで初個展

パントル・テモワンとサロン・ド・メに参加、ヨーロッパ及びアメリカで個展を開き、好評を得る。作風は幻想的な怪奇性をもつ反面、現代写実主義で、静物や昆虫などを題材として選んでいる。暗い調子を引き立たせる白、大胆なフォルムが特徴である。