絵画買取のギャラリーホープ

 

クラーベ

Antoni CLAVE

 

1913年

バルセロナに生まれる。
12才から18才までの間、郷里の美術学校で学ぶ。

1932年  

スペイン内乱で共和国側にたちフランスに亡命。
パリとロンドンで舞台デザインの仕事を行う。

1944年  

パリ国立美術協会特別賞受賞。

1946年  

シャンゼリゼ劇場、オペラ座などの舞台装置を担当。
レンブラント、ゴヤ、ボナール、ルオー、ピカソに惹かれ、特にピカソとの出会いは、彼に大きな影響を与えた。

1952年 

ハリウッドでセット美術を手掛ける。

1954年  

版画作品がベネツィア・ビエンナーレでユネフスコ賞受賞。

2005年  

死去。

油彩のほか銅版、リトグラフを制作。色彩石版画集『パンタグリュエル』『トルバドール(吟遊詩人)』などの他、単品版画作品の制作数は多い。