絵画買取のギャラリーホープ

 

青木繁

あおき しげる

 

1882年

明治15年7月13日、福岡県久留米市に生まれる。

1896年

中学時代、森三美について洋画を習う。

1899年

中学を中退し、洋画家を志して上京。小山正太郎の不同舎に入門。

1900年

東京美術学校西洋画科選科に入学。

1903年

在学中、第8回白馬会展に、神話を題材にとった『黄泉比良坂』(東京芸術大学蔵)他を出品。第1回白馬賞を受賞し注目される。

1904年

小学校時代からの親友、坂本繁二郎らと共に房州布良に滞在。『海の幸』(ブリジストン美術館蔵)などを制作。第9回白馬展に出品し、一躍名声があがる。

1907年 

『わだつみいろこの宮』(ブリジストン美術館蔵)が東京府勧業博覧会で3等賞を受賞するも、文展に落選するなど画壇からは受け入れられず、同年帰郷後、まもなく放浪生活に入る。

1911年 

明治44年3月25年、胸を病み、福岡市で死去。享年28歳。

 第二次世界大戦後は、明治浪漫主義の代表的作家として高く評価されるようになり、"早世の天才児"と称されている。主要作品のほとんどが、東京のブリジストン美術館と久留米の石橋美術館に収蔵。