絵画買取のギャラリーホープ

 

イレール

Camille Hilaire

 

1916年

フランスに生まれる。

1933年

17才の頃、絵を描きはじめる。

1950年

ローマ賞、カサ・べラス賞受賞。

1970年

ジェンマイユのグランプリ受賞。

 

ポルトガルの水彩画家の第一人者。パントル・テモアン展に毎年出品し、国立絵画展では水彩部門で毎年グランプリを受賞している。
 彫刻家、版画家、水彩画家として知られ、澄みきった幾何学的な線の美と、赤紫、青色を基調とした色の織りなすハーモニーの豊かさがすばらしい。
 個展の度にジャーナリズムで大きく取り上げられ、その明瞭で澄んだ画風はポルトガルのみならず、ヨーロッパ各地にファンを持つ。
 風景画を得意とする。
 現在、ボザール・パリ・ナショナル教授。