絵画買取のギャラリーホープ

 

キャサリン・ジョワイユ

Cathrine Joyeux

 

1954年

フランス・ベルサイユに生まれる。

1970年 

タペストリーとステージデザインのEcole pilote de Serveで絵を学ぶ。Arts Appiquesuの学位を取得。

1973年  

クリスチャン・ディオールのファッションハウスのステージデザイナーとして働く。

1975年 

高名な画家、ブラジリエ、カトラン、ジャンセン、バルドーン、カシニョールとタペストリーを合作。

1981年 

彼女の得意な技術である絵画と水彩画に専念するためにタペストリーワークをやめる。

1985年   

ニューヨークアートショーの水彩画部門で受賞。

1986年 

東京インターナショナルアートショー出展。

1988年  

パリ"サロン・ド・オータム"に出展。

1989年   

前衛派"サロン・ド・ランブイエ"受賞。

水彩画とアクリルぺインティングの、新しい技術における前衛的な表現の研究に努力を重ねている。
彼女自身が生み出した流動的で透明感のある作品は、ヨーロッパのみならず世界各地で高い評価を得ている。