絵画買取のギャラリーホープ

 

 ディヴィッド・ホックニー

David Hockney

  

1937年 7月9日、イギリス、ブラッドフォードに生まれる。
1953年 ブラッドフォード美術学校に入学

1960年

テイト・ギャラリーで開催されたピカソの展覧会に大きな影響をうける。
1961年 ロンドンの画商ジョン・カスミンと出会う。ギネス賞の一等賞を受賞。ジョン・ムーア展で青年部門賞受賞。エッチング<3人の王と女王>で得た賞金で、アメリカに旅行。ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ウィリアム・リーバーマンによって、エッチング2点がコレクションとして買い上げになる。
ニューヨーク滞在中に描いたスケッチやドローイングをもとに、エッチングの連作<放蕩者の遍歴>を制作する。
1962年 カミスンが画廊を開き、卒業年に制作されたすべての作品を購入し、ホックニーと契約を交わす。
1963年 パリ・ビエンナーレでグラフィック賞受賞。ロンドン・カスミン・ギャラリーで初の個展開催。作品は完売する。
年末、ニューヨークに生き、アンディ・ウォーホルやメトロポリタン美術館のキュレーター、ヘンリー・ゲルツァーラーと出会う。
1964年 ロサンゼルスに移る。ポラロイドの撮影、アクリル絵具による制作を始める。刷師のケネス・タイラー、デザイナーのシーリア・バートウェル、作家のクリストファー・イシャウッドらに出会う。第8回ルガーノ国際素描版画展で一等賞を受賞。ニューヨークのアラン・ギャラリー、ニューヨーク近代美術館で、アメリカにおける初個展を開催。
1965年 第7回リュブリアナ国際グラフィック・アート展で受賞、買い上げとなる。ロサンゼルスの版画工房ジェミナイでカラー・リトグラフの連作<ハリウッド・コレクション>を制作する。
1970年 ロンドンのホワイトチャベル・アート・ギャラリーで、巡回回顧展「ディヴィッド・ホックニー絵画/版画/ドローイング:1960-1970」が開催される。
1974年

パリの装飾美術館で、回顧展「ディヴィッド・ホックニー絵画と素描」が開催される。
ジャック・ハザン監督によるフィルム「とても大きな水しぶき」が公開される。

1975年 ストラヴィンスキー作「放蕩者の遍歴」の舞台装置と衣装を手掛ける。
1977年 モーツァルト作「魔笛」の舞台装置と衣装を手がける。
1979年 「ディヴィッド・ホックニー版画1954-77」がノッティンガム、ミッドランド・グループで開催される。
1980年 フランス3部作:サティ作「パラード」、ブーランク作「ティレジアスの乳房」、ラヴェル作「子供と魔法」の舞台装置と衣装を手がける。
1981年 ストラヴィンスキー作「春の祭典」、「ロシニョール」、「オイディプス王」の舞台装置と衣装を手がける。
1982年 ポラロイド・コラージュやフォトコラージュを数多く制作する。
1983年 来日し、国際紙会議(京都)に出席。朝日講堂(東京)で写真について講演を行う。
1986年 テイト・ギャラリーで「ディヴィッド・ホックニー:ムーヴィング・フォーカス・プリンツ」展が開催される。ロサンゼルスのスタジオで、オフィス用コピー機を使った<ホームメイドプリント>を制作する。フォトコラージュ<ペアブロッサム・ハイウェイ>を完成。写真での実験が頂点に達する。
1987年 ワグナー作「トリスタンとイゾルデ」舞台装置を手がける。
1988年 ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアムで大回顧展開催。
1989年 第1回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。
ドローイングを制作し、AT&Tとキャノンのレーザー・ファックスで世界中に送信する。第20回サンパウロ・ビエンナーレに、ファックスを使用した作品を出品。モノクロのオフィス用コピー機を使って144項にのぼるマルチページ・ファックス・ピクチャーズを制作する。
1990年 アラスカやイギリスで撮ったスナップショットから、カラーレーザープリンタによる写真を制作する。サンタモニカ山脈を主題にした油彩画のシリーズにとりかかる。プッチーニ作「トゥーランドット」の舞台装置と衣装を、イアン・ファルコナーとともに手がける。