絵画買取のギャラリーホープ

ドナルド・サルタン

Donald SULTAN

 

1951年 

ノースキャロライナ州アシュビルに生まれる。ノースキャロライナ大学に学ぶ。

1975年

シカゴ美術学院で博士号を取得。在学中は抽象画を描く。

1976年 

シカゴのNAME画廊で初個展開催。

ニューヨークに居を移し、次第に具象的なイメージを描き始める。その後、油彩のほかにグラファイト、タール、チョーク、リノリウム(ビニール・タイル)などの特異な素材を使って、画面一杯に対象物を引き伸ばし、極度に単純化された半抽象の構成による静物画的作品を制作するようになる。

1977年   

ニューヨークのアーティスツ・スペース(オルタナティブ・スペース)やP.S.Iで作品を発表。

1978年 

ニュー・ミュージアムで開かれた<ダブラーク>展に出品。
メアリー・ブーン画廊のグループ展に出品。

1979年 

ヴィラード画廊で個展開催。
ホイットニー・ビエンナーレに出品。

1982年 

ブラム・ベルマン画廊の契約作家となる。