絵画買取のギャラリーホープ

 

ラウル デュフィ

Raoul Dufy

 

1877年 北仏の港町ル・アーブルに9人兄弟の長男として生まれる。家族全員が音楽好きで、プロまたはアマチュアの音楽家としてその後活躍している。
1900年 市から奨学金をもらい、パリの国立美術学校に学ぶ。
1905年 マルケやマチスと知り合い、フォーブ(野獣派)の洗礼を受ける。その後、キュビスムの流行と共にブラックに惹かれ、立体派風の風景を描き、さらにセザンヌの構成にも関心を示した。一時、生活のためポール・ポワレ衣装店でデザインの仕事をし、装飾美術の分野でも頭角を顕す。その要素を絵画にも取り入れ、次第に独自の世界が形成される。
1919年 アポリネールの「虐殺された詩人」、マラルメの「恋歌」の挿絵を制作する。
1922年 シチリア旅行の後、独自の様式が確立される。シチリアを中心とする地中海風景や海水浴場、また競馬場や音楽会の場面などを、リズミカルな筆到で明るく生き生きと描いている。
1937年 パリ万博、電気館のパヴィリヨンのための壁画「電気の精」(高さ10メートル、幅60メートル)を制作する。
1942年 スペイン国境近くのペルピニャンに移る。数年にわたるペルピニャン時代が、最も円熟した実り多い時期で、裸婦を配したアトリエ風景が多く描かれる。油絵の他にも水彩画をよく制作し、その瑞々しい色彩感と躍動感は、水彩の名手と称えられた。版画は初期に木版、後には石版・銅版を手掛ける。
1953年 死去。享年76歳。
デュフィの描く単純で軽快な線は心地よく装飾的で、華麗な色彩の広がりと見事に調和している。作品はパリの国立近代美術館をはじめ、世界各国の美術館に永久コレクションとして保存されており、今日も20世紀の巨匠としてデュフィ芸術の再評価が世界的に行われている。