絵画買取のギャラリーホープ

 

イーダ・ヴァリッチオ

Eda VARRICCHIO

 

1923年

イタリア人の両親のもと、トルコに生まれる。

1930年

イタリアに移住する。
ローマ国立美術大学にて学び、マエストロ・オスカー・サコロッティ氏に師事。制作活動を始める。

1967年

"花と緑のワインカントリー"と呼ばれるサンフランシスコ郊外のサンタローザに移住する。蔦のからまるドレスデンブルーの旧邸に Eda's Gallery をオープン。

1991年

東京インターナショナルアートショウ出展。
ロサンゼルスアートエキスポ出展。

1992年

東京インターナショナルアートショウ出展。

 ギャラリー・ソーサリート(サンフランシスコ)、クラークスチュワートギャラリー(ロサンゼルス)などウェストコーストを中心に、カナダ、イタリア、スペイン、イギリス、フランスにて毎年個展を開催している。
 彼女にとって、美しい花を描くことは、平和に対するメッセージであり、また永遠のテーマである『愛』と『幸福』の表現である。