絵画買取のギャラリーホープ

 

エミール・ガレ

Emile Galle

(1846〜1904)

1846年

5月4日ナンシーで生まれる。父はガラス業・陶芸業を営む。若い頃から文学・修辞学・哲学・植物学などを学ぶ。二度ドイツに留学。

1866年

マイセンタールのブルグン・シュヴェレル工房で本格的なガラス技術を学ぶ。

1872年

自分のガラス工房を生地に開き、この地をナンシー派アール・ヌーヴォーの大中心地とした。

1878年

パリ万博で金賞。

1889年

パリ万博に300点余のガラス器を出品、グランプリを獲得。

1900年

パリ万博に多数の作品を出品、絶賛をあびるなど、アール・ヌーボー・ナンシー派の中心的指導者として活躍。

1904年

9月23日、ナンシーで死去。

繊細な花や植物を象徴主義的な抒情性のなかで造形化した作品と、被せガラス、エッチングなどの完成された技法によって、ガラス工芸史上特筆すべき地位を占める。器形にも装飾文様にも日本美術の影響が強い。 代表作「百合の飾りのある花瓶」(ガラス、1900、パリ、個人蔵)など。 寄木細工による優美な家具を製作したほか、著作にEcrits pour L'Art,1908(芸術論集)がある。