絵画買取のギャラリーホープ

 

 

アルマン

Fernandez ARMAN

 

1928年  

ニースに生まれる。本名はARMAND。

1946年

ニースの国立装飾美術学校入学。

1947年 

イヴ・クラインとクロード・パスカルに会う。
この頃より禅に関心を持つ。

1960年 

イヴ・クライン、ティンゲリーとともにヌーヴォー・レアリスト・グループの創立者の一人となる。彫刻、オブジェの他、版画を制作。

 1955年にゴム判で平面に事象の痕跡をスタンプする"印章(カシエ)"に始まり、58年のチェーンなどをインキにひたし押し付ける"動き(アリエール)"から、59年の"破壊(デストラクション)"、60年代には"ゴミ箱(プペル)"、壊れたタイプやバイオリンの"怒り(コレール)"、同一工業既製品の"集積(アキユムラション)まで、彼はマスプロによって人工的に創り出された日常的な"自然"の物質を溶接、集積するという反語的行為によって、現実への新しい知覚的アプローチを創造した。