絵画買取のギャラリーホープ

 

福井 良之助

ふくい りょうのすけ

(1923−1986)

1923年 東京で生まれる。
中学時代に画家を志望し、島野重之の教えを受ける。
1944年 東京美術学校工芸科を卒業する。しかし工芸には魅力を覚えず、
在学中も油絵を描き続けていた。
1946年 第41回太平洋画家展に『みちのくの冬』が初入選で、
一等賞を受賞する。
1954年 第18回太平洋画家展で『窓』が佳作賞受賞。
1959年 孔版による初めての個展を開き、在日アメリカ人画商に認められ、
国際版画展等に出品し、その名を広く知られるようになる。
1965年 油絵中心の仕事に移行。古典的な構図とセピア色の色調を持つ
優美な画風で、主に静物画が多いが、風景、人物画も描いた。
1986年 神奈川県鎌倉で歿。