絵画買取のギャラリーホープ

 

 

 

 

ガブリエル・ザンデル

GABRIEL ZANDEL

 

 

1906年

パリに生まれる。

1925年

現代美術学研究所に学ぶ。ポール・ボルネに師事。

1934年

パリで初個展、サロン・ドートンヌ、アンデパンダン、パントル・テモワン等に参加

1946年

カンヌ映画祭賞

1955年

マントン・ビエンナーレ賞受賞。

また、パリのノクタンブール劇場の舞台装置や、ヌモンテルランの挿絵も有名。青の時代、赤の時代を経てキュビズムを追求するなど、作風は多彩な変貌を遂げ、ピカソ亡き後、その後継者として注目されている。