絵画買取のギャラリーホープ

  

後藤 純男

ごとう すみお

 

 

1930

千葉県葛飾郡関宿町に真言宗の後藤幸男、喜代の次男として生まれる。

1945 

自宅近くに住む画家伊藤青郊に絵の手ほどきを受ける。

1947

埼玉県川辺小学校の教員となる。

1951  

埼玉県宝珠花中学校の教員となる。

1952

第37回院展に『風景』を出品、初入選。
この年画家として身を立てる決意をし、5年間にわたる教員生活に別れを告げる。

1960

田中恂子と結婚。

1965

第50回院展に『寂韻』を出品、
日本美術院賞・大観賞を受賞、特に推挙される。

1972

第57回院展に『残照』を出品、奨励賞を受賞。
同作品は文化庁買上げとなる。

1976

第61回院展に『仲秋』を出品、文部大臣賞を受賞。

1979

現代日本絵画展代表団の一員として初めて中国を訪問、スケッチ取材をする。

1982

中国西京美術学院名誉教授となる。

1986

第71回院展に『江南水路の朝』を出品、内閣総理大臣賞を受賞。

1987

福岡教育大学非常勤講師となる。

1988

東京芸術大学美術学部教授となる。

1995

画業50年、後藤純男展がパリ三越エトワールで開催。

1997

東京芸術大学教授を退官。