絵画買取のギャラリーホープ

マティス

Henri MATISSE

師モローが死ぬと、翌年アカデミズムから離れ、パリのアカデミー・カリエールに通い、ドランらと知り合い、その紹介でヴラマンクとも知り合う。
その前後の一時期新印象主義に近づく。

1869年

12月31日ノール県ル・カトー=カンブレジに生れる。
最初、法律を修め、代訴人書記となる。

1889年

この頃からデッサン、絵画に興味をおぼえる。

1892年

画家となるためパリに出る。

1895年

エコール・デ・ボーザールのギュスターヴ・モローの教室に入り、ルオーらと
知り合う。

1896年

サロンに初出品、国家買い上げとなる。

1898年

1900年

初めてドライポイントを制作。

1904年

ヴォラールの画廊で最初の個展。

1905年

夏をドランとコリウールですごし、ともにフォーヴィスムに達する(『コリウールの窓』1905年、ニューヨーク、ジョン・ヘイ・ホイットニー蔵など)。
翌年ガートルード・スタイン宅でピカソと出会う。この年アルジェリア、翌年イタリアに旅行。

1906年

初めて石版画と木版画を制作。

1908年

Note d'un peintre(二見史郎訳『画家のノート』に収録)を発表。この年、モスクワの大コレクター、シチューキンがかれの『食卓の赤のハーモニー』(エルミタージュ美術館)等を買い、1911年にはその招きでモスクワを訪れる。

1909年

イッシィ=レ=ムリノへ転居。

1911−12年

2年続けてモロッコへ旅行。この時代からさまざまな空間表現の実験、
装飾的要素の大胆な使用を試みる。

1916年

この年から冬をニース、夏をパリですごすことが多くなり、「オダリスク」の主題を好んでとりあげる。

1922年

版画を積極的に制作。

1933年

アメリカ、メリオンのバーンズ邱の壁画『ダンス』を制作、以後、平面化と単純化の試み(『バラ色の裸婦』1935年、ボルティモア美術館など)をへて、40年代の大室内の連作に達する(『赤い大室内』1948年、パリ、国立近代美術館など)。

1941年

大手術を受ける。

1943 −48年

南フランスのヴァンスに定住、切り紙絵に専心し、『ジャズ』として出版(1947年)。

1948−51年

建築のプラン、壁画、ステインド・グラスなどすべて自身の構想になるヴァンスの礼拝堂を完成した。

1954年

11月3日ニース郊外のシミエで歿。

早くから彫刻、版画も手がけたほか、マラルメ詩集の挿絵(1931年)以後、グラフィックな仕事も多い。
最も純粋な意味における色彩画家で、心憎いまでのデッサン力の持主である。
故郷のカトーおよびニースにマティス美術館がある。