絵画買取のギャラリーホープ

 

平松礼二

ひらまつ れいじ

 

1941年

9月3日、東京に生まれる。5才で名古屋に転居。

1959年

愛知県立旭丘高校美術課程日本画専攻卒業。

1960年

この年から青龍社展に出品。

1962年

第30回青龍社展奨励賞受賞。

1965年

愛知大学卒業。

1966年

青龍社解散後はしばらく個展やグループ展で作品発表。

1977年

春季創画展春季展賞を受けると共に、第4回創画展に初出品して「路−初冬」他が創画会賞を受賞、以後創画展に出品。

1979年

第1回中日大賞展で「路−凍土」が優秀賞受賞。

1980年

内第1回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門優秀賞を受賞。

1989年

「見−"この道"を唱いながら」により第10回山種美術館大賞を受けた。

1982年

世界の画家十代の作品展(岡崎子供美術館)に、招待出品。

1984年

現代日本画の展望展(西武アート・フォーラム)に、招待出品。

1988年

描かれた道展(宮城県立美術館)に、招待出品。

1990年

日本現代の視覚(新潟市美術館)、日本画・雨と余情展(埼玉県立近代美術館)、現代の屏風絵展(デュッセルドルフ)、日本秀作美術展に招待出品。

愛知県刈谷市美術館で代表作を集めた大規模な個展、スペイン・バルセロナエキスポ個展開催。

1991年

日本絵画展(北京・故宮博物院)、日中現代画家による中国を描く展に招待出品。

1992年

両洋の眼−現代の絵画展などに招待出品。

1993年

箱根・成川美術館で平松礼二展開催。山中湖高村美術館で平松礼二展開催。

1994年

両洋の眼−現代の絵画展などに招待出品。パリJALギャラリー個展。有楽町アート・フォーラム他で「平松礼二展・ニューヨーク・シーン」開催。名都美術館で「平松礼二展−旅、そして夢」開催。