絵画買取のギャラリーホープ

 

池田遙邨

いけだようそん

 

1895年 岡山県倉敷市玉島市に生まれる。
1910年 松原三五郎の画塾に入り、洋画を学ぶ。
1914年 第8回文展に入選する。 
1919年 竹内栖鳳の画塾に入り、日本画を学ぶ。 第1回帝展に「南郷の八月」が入選する。 
1923年 関東大震災後の東京をスケッチする。
1926年 京都市立絵画専門学校研究科を卒業する。
1928年 第9回帝展で特選となる。
1930年 第11回帝展で特選となる。
1931年 「昭和東海道五十三次」が完成する。
1952年 日展参事となる。
1953年 画塾・青塔社を結成、主宰する。 日展評議員となる。
1960年 日展で日本芸術院賞を受賞する。
1976年 日本芸術院会員に選ばれる。
1977年 日展顧問となる。
1984年 文化功労者の表彰を受ける。
1986年 倉敷市名誉市民となる。
1987年 文化勲章を受章する。
1988年 歿。享年92歳。
   
斬新な構図と柔軟な筆使いによる軽妙軽妙酒脱な作品を多く描いた。代表作に「囁」「夜」「朧夜」などがある。 遙邨芸術のトレードマークとも言える狐や狸の描写は、文化勲章を受章した頃から頻繁に画面に表れるようになります。 小動物に自らを託したこれらの作品に共通する親近感やぬくもりは、人間に強い関心を抱き続けた遙邨の人柄に一因があります。  晩年には漂泊の俳人・種田山頭火に心を寄せ、その句境の絵画表現に挑んだ、いわゆる山頭火シリーズに情熱を傾けます。好きな句を何枚も書き出しては画室の壁に張り、「これらを描き終えるには125 歳まで長生きしなければ」と、おとろえることない制作意欲をみせて次々に作品を発表しました。飄逸あるいは洒脱とも評されるこれらの作品には、できることなら山頭火のように旅をしたいと願っていた遙邨の思いが託されています。