絵画買取のギャラリーホープ

 

 

伊藤 髟耳

いとう ほうじ

 

 

1938年

6月7日福岡県大牟田市に生まれ、生後まもなく新潟、台湾、東京へと移り、小学校から高校にかけても、秋田、新潟、北海道、東京、神奈川など転々と移り住む。

1961年

多摩美術大学絵画科日本画専攻を卒業後、1972年まで小・中・養護学校等の教員生活を送る。そのかたわら日本画を描き続ける。

1966年

第51回院展に「菩提寺」が初入選。

1971年

生身の人間を描きたいという気持ちから京都三十三間堂で仏像の写生を開始(〜80年)

1974年

院友となる。

1977年

62回展「無畏」奨励賞受賞。

1978年

「団」奨励賞受賞。

1979年

「六無畏」奨励賞受賞。

1980年

「風神・雷神」奨励賞受賞。特待となる。

1981年

66回展「乗」奨励賞受賞。

1982年

「空点」日本美術院賞・大観賞を得る。

1983年

「二像」日本美術院賞・大観賞を得る。日本美術院同人に推挙。

1986-89年

即成院、鎌倉建長寺、京都国立博物館をはじめ各所で様々な仏像に対峙。鋭く柔らかな線を効かせて対象を確実に捉え、地味だが爽やかな色調を施した、内なる感動が静かに共鳴する空間描出に特徴を示す。

1988年

「伊藤髟耳画集」(求龍堂)出版。

1990年

有楽町アート・フォーラムですべて新作による本格的な初の個展<風韻−伊藤髟耳と草月>を開催、草月流が会場構成を担当。

1991年

第76回院展で「産山・新牧(阿蘇外輪)」により文部大臣賞を獲得。ニューヨーク個展。

1992年

船橋アート・フォーラムで個展。日本橋三越で<阿蘇外輪の美>個展(江崎幹秀の作品併陳)。

ほかに春の院展では春季展賞3回、奨励賞も3回受けている。