絵画買取のギャラリーホープ

 

 

伊東深水

いとう しんすい

 

 

1898年 

東京深川に生まれる。本名、一(はじめ)。

1910年 

第10回巽画会展速水御舟の「小春」に深く感動し、日本画家の道を決意する。

1911年

結成素明の紹介をえて鏑木清方に入門。師より生地深川の「深」を清方の清から偏の「水」をとって「深水」の号を与えられる。

1914年

日本美術院再興記念展覧会(第1回院展)に「桟敷の女」が入選 する。

1915年

第9回文展に「十六の女」が初入選する。

1916年

川瀬巴水らと分業による新版画運動を推進、浮世絵版画の系統をひく木版画会に大きな足跡を残した。

1927年

深水画塾(のちの朗明画塾)を設立。第8回帝展で「羽根の音」が特選を受賞。帝展無監査となる。

1932年

山口蓬春らと青々会結成。

1939年

山川秀峰らと青衿会を結成。

1948年

「鏡」により、日本芸術院賞受賞。

1950年

青衿会が児玉希望の国風会と合同、日月社となる。

1958年

日本芸術院会員に就任。

1969年

日展顧問となる。

1970年

勲3等旭日中緩章を受賞。

1972年

5月8日歿。享年74歳。同日付けで従4位に叙され、銀杯を賜る。