絵画買取のギャラリーホープ

 

岩橋英遠

いわはし えいえん

 

1903年

1月12日北海道空知郡江部乙村(現滝川市)に生まれる。本名、英遠(ひでとお)。20才頃まで農業に携わりながら油絵を描く。

1924年

日本画家を志して上京、山内多門に師事。

1932年

多門没した後、一時青龍社に出品。

1934年 

新日本画研究会結成に参加。第21回院展に「新宿うら」が初入選。

1936年 

第1回帝展に「店頭囀声」が初入選。

1937年 

歴程美術協会結成に参加。安田靫彦門下の研究会<火曜会>に入会。

1949年 

第34回院展で「砂丘」が奨励賞・白寿賞を受賞。

1950年

第35回展で「明治」が大観賞を受賞。

1951年

第36回展で「眠」が大観賞を受賞。

1953年

日本美術院同人となる。

1954年 

前年の院展出品作「庭石」により芸術選奨文部大臣賞受賞。

1958年

東京芸術大学講師になる。

1959年

第44回院展で「蝕」(東京国立近代美術館蔵)が文部大臣賞受賞。

1960年 

日本橋三越で初個展開催。

1965年 

東京芸術大学助教授となる。

1967年

法隆寺金堂壁画模写に参加。

1968〜70年

東京芸術大学教授となる。

1972年

前年の院展出品作「鳴門」により日本芸術院賞受賞。

1979年 

第20回毎日芸術賞受賞。勲四等旭日小綬章受賞。

1981年

日本芸術院会員となる。

1986年

東京芸術大学名誉教授となる。

1989年

文化功労者となる。

1990年

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで回顧展開催。

1993年

日本橋三越で<画業70年・岩橋英遠展>開催。
北海道立近代美術館で<岩橋英遠と片岡球子>展開催。

1994年 

文化勲章受賞。

1999年

神奈川県にて死去。享年96歳。