絵画買取のギャラリーホープ

岩澤 重夫

いわさわ しげお
 

1927年

大分県日田市生まれ。

1945年

県立日田中学(旧制)卒業。

1947年

京都市立美術専門学校入学。(52年卒業)

1951年

第7回日展に出品した「芥子」が入選(以後連続)。

1954年

自分の体質にあったものを感じて東丘社に入塾、堂本印象に師事。

1957年

関西総合展で「漁村」が第1席。

1960年

第3回新日展で「堰」が特選・白寿賞。

1961年

第4回新日展で「晨暉」が特選・白寿賞と連続受賞。

1968年

第11回新日展で「昇る太陽」が菊華賞。

1985年

改組第17回日展で「氣」が文部大臣賞を得る。
「 古都追想(西安)」により第8回山種美術館賞を受賞。

1975年

大分で個展開催。

1976・84年

東京・京都・大分で個展開催。

1986年 東京・京都で素描展開催。
1990年 東京・名古屋・京都・大分で回顧展〈現代日本画の俊英・岩澤重夫展〉開催。
1975年 紺綬褒賞受賞(以後9回)。
1979年 日田市特別功労賞受賞。
1990年 京都文化功労賞受賞。
1992年 第5回MOA岡田茂吉賞大賞を受賞。
1993年 「渓韻」(前年の日展出品作)により日本芸術院賞を受賞。
   
1951年日展初入選作は花を題材としたが、翌年あたりから風景画の道に入る。一方、初期には東丘社展などを舞台に様々な実験的な造形や抽象傾向の作品を発表、1965年頃からより自然主義的な風景画へと転ずる。以来、大自然に挑む男性的な画風を展開するが、近年は深山の緑を丁寧な筆づかいで捉え、可憐な野草を取り入れるなど、細やかな感情を籠め、最近は穏やかさと厳しさを統一させようと試みている。
印象も、その後東丘社を継いだ岳父・三輪晁勢も今は亡く、自然のものすべてが師匠と考える。

福生市、日田市、名古屋市、鹿児島市の公共施設や東京歌舞伎座、京都南座などの緞帳原画も制作。日展、京都市展、関西総合展審査員を歴任。日春展運営委員、東丘社所属。現・日展理事。