絵画買取のギャラリーホープ

 

 

ジェームス・コワニャール

James Coignard

 

1925年

フランス、トゥールに生まれる。

ニースの美術学校に学び、友人であるマックスパパールと共に、マチス、ブラック、シャガールの非常に数少ない継承者の一人と言われている。
アメリカ西部やメキシコ、ラスコーの古代の洞窟への長途の旅によって刺激を受け、表情に富むアルファベットや刻みこまれた印やシンボルを通じて象徴の形而学を探索している。
「絵画は美しいものでなければならず、触れるに従順で快く、眺めるに豊かでなければならない」を信条とし、非常に独創的な作品を生み出し続けている。
フランス抽象画家の中でもひときわ評価が高い。

 ■ 作品収蔵の
主な美術館 ■

パリ国立美術館、パリ・サンドニ美術館、ダブリン美術館、サンディエゴ美術館、アメランタ美術館、グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ美術館、大英博物館、イスラエル国立美術館、ルクセンブルグ国立美術館