絵画買取のギャラリーホープ

 

城 景都

じょう けいと

1948年

愛知県刈谷市高須町に生まれる。
高校を出てからロックバンド、演劇などで活動。中学時代からの恩師で画家の近藤正治氏と再開後、本格的に絵を描く。

1969年 

植物の葉脈から導き出した、貫入風の罅割れを使った最初の作品を制作。
愛知県岡崎市・彩雲堂画廊にて弟・木村昭平と二人展。

1970年 

シェル美術展 佳作賞。

1971年 

名古屋市・桜画廊にて個展。

1972年

イタリア・ジェノバ市芸術家展大賞。

1974年

銀座・青木画廊にて個展。版画家・菅野陽からエッチングの技法を本格的に教わる。

1975年 

柴舟画廊にて初の銅版画展。

1977年 

画集「女の学問」を青木画廊より刊行。

1978年

安井賞展に入選。「ヴェロニカの午睡」(詩・新郷久)を柴舟画廊より刊行。
カラーエッチング集「追憶の女」を青木画廊より刊行。

1979年  

詩画集「太陽は夜を孕み、海は時をみごもる」「苦悩の乳房たちよ」(詩・鈴木孝)を風媒社より刊行。

1980年 

画集「女の変幻」を柴舟画廊より刊行。

1983年 

日仏現代美術展 入賞。

1984年

「花の形而上学」を美術出版社より刊行。

1985年

銅版画集「大地の夢」刊行。わいせつ図画頒布の容疑で摘発される。

1987年  

「サッフォーたちの饗宴」(詩・白石かずこ)をパルコ出版より刊行。カラーエッチング詩画集「めにょじょのカオス」(詩・新郷久)を柴舟画廊、青木画廊より刊行。

1988年  

銅版画集「女の想学」を刊行。

1989年

「城景都銅版画集(豆本)」を未来工房より刊行。岡崎市・ギャラリー○△□にて出版記念展。

1990年 

銅版画集「思・想・荘・宗」を刊行。

1991年

「想T・Uセット」を刊行。

1992年 

詩画集「トライアングルージャングル」(詩・北川透、評論・鈴木秀男)を刊行。