絵画買取のギャラリーホープ

KAGAYA

カガヤ(加賀谷穣)

1968年 埼玉県に生まれる。
少年の頃から星にあこがれ、天文学を学び、星の絵を描く。
1990年 東京デザイナー学院グラフィックデザイン科を卒業。
幻想的な全星座絵図「Fantastic Starry Night」が、同校卒業制作優秀大賞を受け、星座ポスターのベストセラーとなる。
星々を天文学的に正確に描き出すと共に、更にそこに人の心を魅了する宇宙ファンタジーを創り出していく。
1991年 イラストレーション解説本「四季の星座百科」を出版。
絵画制作の新たな試みとしてコンピューターを導入。アイデアスケッチや画面構成での活用を始める。
1993年 藤井旭「宇宙大全」のCGほか、天文専門図書、月刊誌、及びジグソーパズ ル、プラネタリウム、国立天文台等に、星座イラストレーションを多数発表していく。
1995年 絵画制作の一切をコンピュータ上で行う、絵画界で画期的な「デジタルペイ ンティング」の手法を完成させる。
1997年 宇宙と地球人類の永遠をモチーフにした「セレスティアルエクスプローリング」シリーズを発表する。
1999年 ギリシャ神話12星座をモチーフにした「the Zodiac」シリーズを発表する。
2000年 米国HP社主催「全米デジタルアートコンテスト2000」ペインティング部門第1位を受賞。コンピューターによる精緻なハイパーリアリズムと、透明感にあふれた独特の色彩感覚によって、多くのファインアート作品を制作、発表していく。
2001年 全国でKAGAYA来場展を開催。スタジオを移転。
2002年 日本の四季に見る星座をモチーフにした「星天日和」シリーズを発表する。
2003年 宮澤賢治の不朽の名作をモチーフにした「銀河鉄道の夜」シリーズを発表する。
画集「スターリーテイルズ」出版。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番にKagayayutaka(カガヤユタカ)と命名される。