絵画買取のギャラリーホープ

 

加藤東一

かとう とういち

 

1916年

岐阜県美殿町に生まれる。
漆器商の父と、日本画家・加藤栄三を兄に持つ。

1934年 

岐阜中学卒業後、画家を志すも父の反対にあい、家業を手伝う。

1940年 

市川に住む兄・栄三を頼って家を出る。

1941年

25才で東京美術学校日本画科に入学。

1942年
−45年

応召。

1946年 

復学。

1947年   

卒業と同時に日本画研究団体 <一采社> に参加。(61年解散)

1948年 

山口蓬春に師事。
第4回日展に『白暮』が初入選。以後日展を中心に活躍。

1952年

第8回日展で『草原』が特選受賞。

1955年  

第11回日展で『砂丘』が特選・白寿賞受賞。

1970年    

改組第2回日展で『残照の浜』(岐阜県美術館蔵)が内閣総理大臣賞受賞。

1972年

兄・栄三、死去。

1977年   

『女人』により日本芸術院賞を受賞。

1984年

日本芸術院会員に就任する。
銀座松屋で回顧展開催。(岐阜・大阪を巡回)

1987年

日展事務局長に就任。

1989年  

日展理事長に就任。

1991年  

岐阜市岐阜公園内に、加藤栄三・東一記念館開館。
岐阜県美術館において、<加藤栄三・東一>展開催。

1993年

金閣寺大書院障壁画52面完成。岐阜県根尾村にある天然記念物のヒ ガンザクラ「薄墨桜」などを題材とし、制作着手から5年目のことであった。

1994年   

銀座松屋で朝日新聞社主催<現代作家デッサン・シリーズ――加藤東一>展開催。

1995年

文化功労者となる。

1996年    

肺炎のため死去。享年80才。