PROFILE  

Alex Katz

アレックス・カッツ

1927年 アメリカに生まれる。両親はロシアからの移民。
1945年 工業高校を出て、2年間海軍に入る。
1949年 クーパー・ユニオン美術学校卒業。
   
  アメリカの抽象表現主義が脚光を浴びていた頃、その動きに影響されはしたが、独特の再現的な画面を作り上げようとした。彼は特大のキャンバスに自分の家族や友人たちの肖像を描く。それらの作品は写実的ではあるが、リアリズムをのりこえ独自の造形言語を創り上げようとする彼の試みが見てとれる。一見単純にみえるその肖像画は、明快であると同時に複雑に入り組んでもおり、人間の表面的な表情についての彼の解釈が表れている。
   
1960年 舞台装飾を手がける。
1971年 ユタ州立大学美術館で回顧展を開く。
1972年 グッゲンハイム絵画助成金を受ける。
1974年 ホイットニー美術館で版画展を開く。