絵画買取のギャラリーホープ

絹谷 幸二

きぬたにこうじ

1943年

1月24日,奈良市元林院町に生まれる。生家は文化人がよく集まった猿沢池近くの料亭。小学校1年の時から西岡義一に油絵を学ぶ。

1960年

高校2年の時独立展に出品するが落選。

1962年

県立奈良高校卒業,東京芸術大学油画科に入学。

1966年

小磯良平教室卒業(大橋賞受賞)後,同大学大学院壁画科に進んで,島村三七雄教室に学び,終了。
第34回独立展に「蒼の錯綜」「詣音の 日」が初入選で独立賞受賞。

1967年

この年も連続独立賞受賞。

1968年

同大学副手となる。(〜70年)25才で早くも独立美術協会会員となる。

1971年

イタリアに留学,ヴェネツィア・アカデミアに入りブルーノ・サエッティのもとでアフレコ古典画研究。新鋭選抜展優秀賞,「りんご飛行」シリーズ(ヴェネツィア近代美術館買上げ)によるマーサ賞受賞。

1973年

文化庁よりローマ中央修復研究所に派遣されて壁画保存の研究,ヴェネツィア市立美術館個展。帰国後,高松塚保存対策委員として入室調査。

1974年

「アンセルモ氏の肖像」(東京国立近代美術館蔵)が歴代最年少で第17回安井賞を受賞,一躍名を知られることになる。

1977年

文化庁在外研修員としてアメリカ,ヨーロッパに渡る。(78年帰国)

1978年

個展ポスターによるマニフェスト大賞受賞。

1983年

第2回美術文化振興協会賞受賞。

1985年

日本青年画家展優秀賞受賞。

1987年

「チェスキーニ氏の肖像」(奈良県立美術館蔵)などにより,最年少で第19回日本芸術大賞を受賞。日本青年画家展優秀賞受賞。京都府田辺新町舎壁画「光降る町」,一宮市博物館に大壁画「あやなすまち,ひとひとひと」制作。

1988年

日本青年画家展優秀賞受賞。
毎日新聞社主催<絹谷幸二自選展>(池袋西武アート・フォーラム他)

1989年

第30回毎日芸術賞受賞。京都ブライトンホテル壁画制作。

1990年

読売新聞主催<絹谷幸二展>(新宿伊勢丹美術館他),バーゼル・アート・フェア個展,イタリア,ソウルで個展。東京アートエキスポ個展開催。 池袋・東京芸術劇場お椀型天井画「天」「地」「人」制作。

1991年

東京アートエキスポ個展開催。

1993年

10月国際交流基金派遣により中国美術学院で指導,中国で絹谷幸二研究室展,12月ニューヨークの子供達と絹谷幸二クリスマス展,ニューヨーク個展。美術館など企画展出品多数。

1994年

松戸競輪上エントランスホール壁画「日月万丈富嶽」制作。

1995年

東京・青山こどもの城に壁画「アラベスク」,世田谷文学館に阪神大震災をテーマにした「愛するもの達へ・希望」を制作。

豊かで自由なイマジネーション,極度の精神集中と持続力から生み出される絵画世界には,鮮烈な色彩が奔流し熱情と生の歓喜がダイナミックに展開する。近年はスチロフォームとミクストメディアによる立体作品にも取り組んでいる。全国各地の画廊や百貨店で連年個展を行っている。数々の受賞歴があり,日本洋画界の次代を担う作家として期待を集めている。現在,東京芸術大学教授。