絵画買取のギャラリーホープ

 

キスリング

Moise KISLING

 


1891年 ポーランド、クラコワにユダヤ人の子として生まれる。地元の美術学校で、印象派の流れをくむパンキェビイッチに学ぶ。
1910年 パリに住居を移す。
1912年 モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に住む。サロン・ドートンヌとアンデパンダン展に出品。
1919年 ギャラリー・ド・リュエで初個展開催。好評を博す。


第一次大戦後は、フランスに帰化。風景、静物、肖像画を描き、1980年、サナリーにて没。